好きです!ダイヤモンドバックテラピン

ichiro1207.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 05日

オルナータダイヤモンドバックテラピン’S

ずいぶんと間が空いてしまいましたが・・・

我が家にはオルナータダイヤモンドバックテラピンが4匹おりまして、全部がフラワーバックですが。。。
今日は胡散臭い~ずさんの
KOBUさん(当ブログにもリンクいただいております)から来た3匹の現状をばと

f0195563_1916304.jpg

飼育環境があっていないんで斑(ふ)が入ってマス。でも、しっかり甲羅はフラワーバックです。
天日干しを繰り返せば綺麗に脱皮しそうな感じなんで、多分今年中には綺麗になる見込み。



f0195563_1917015.jpg

微妙ですが、このコもフラワーバック入ってマス。
甲羅のボコツキ解消へは今一歩の工夫が必要。凹凸は若干減ってます。



f0195563_19172385.jpg

綺麗にフラワーバック!ウチでは一番入りが綺麗。
ベビー時にコブが大きいコは成長過程での甲羅の発育過程で、どうしても甲羅の凹つきが解消できない悩みがあります。



f0195563_1917497.jpg

3ショット。雑多飼育の弊害なのか、この亜種だけは班(ふ)が背甲に入ってしまってマス。
う~ん反省!
これから暖かくなるんで、外飼いにして天日干しできる時間を増やそうと思います。

太陽の光は偉大っすよ~。今日もテラピンの甲羅干ししたら、一匹は腹甲が綺麗にはがれましたもんね。
※背甲は無理でしたが。。。(汗



このこもKOBUさんブリードのパーケリーっす。胡散臭い~ずさんのホムペで兄弟が居ますので、興味のある方は是非!
クリーパーにも度々ベビー時に掲載されていたコ。

f0195563_19322052.jpg
フラッシュなし

f0195563_1932511.jpg
フラッシュあり

Mazuriのミズガメフードも食べる優良個体です。脱皮がイマイチですが、綺麗な放射模様の甲羅です。
頸引っ込めてマスが頸にも綺麗な柄が入っています。

もっと配合飼料を食べれば甲高の個体になりそうな予感。。。

大きなスペースが取れないのが唯一の悩みかなぁ、、、
[PR]

by sawano_ichirou | 2010-05-05 19:39 | ダイヤモンドバックテラピン


<< 夏に向けての飼育設備      この亜種なんだ? ペアです。 >>