2008年 11月 30日

飼育2年目突入

ダイヤモンドバックテラピンをはじめ、カメ飼育1年経過
2年目に突入しました。

syosyoさんのアドバイスにより、飼育2年目突入なんで、いつもよりボリュームアップ&詳細情報記載版でございます。


2年目の飼育突入個体(メジャーは大きさの目安です)6匹居ますが詳細情報は5匹のみ・・・
①オルナータダイヤモンドバックテラピン 2007CB
f0195563_13572813.jpg

f0195563_13575227.jpg


②カロリナダイヤモンドバックテラピン(ブラック個体) 2007CB
f0195563_13594676.jpg
f0195563_140346.jpg


③テキサスダイヤモンドバックテラピン 2007CB
f0195563_1411094.jpg
f0195563_1412644.jpg


④カロリナダイヤモンドバックテラピン 2007CB
f0195563_1422386.jpg
f0195563_142379.jpg


⑤マッコードナガクビガメ 2007CB
f0195563_14313100.jpg

大きさは下の新聞紙と比較してください(メジャー測定甲長17CM)

CBベビーのちっさいころから比べると、ずいぶん大きくなりました!(Babyのころの写真は有りませんが、、、、)
f0195563_14275694.jpg
f0195563_1427423.jpg
f0195563_14272337.jpg


ダイヤモンドバックテラピンの飼育に関して(特にツルツル甲羅の育成)は、CB個体とはいえ、汽水調の薄い塩分濃度の飼育水で育てる方が甲羅を綺麗に育てる秘訣なのか、最初からちゃんとしたメタハラで紫外線をあてて飼育したほうが甲羅が綺麗に育つのか?
検証してないんで何ともいえませんが・・・
我が家の飼育環境は通年室内飼育しか出来ないので、屋外飼育との比較は出来ません。

先日何気に目にした洋書の写真では自然下の個体では皆甲羅ツルツルで5~7センチ程度の仔カメでも甲羅の脱皮が薄皮のように綺麗に剥がれた写真がありました・・・

汽水調の塩水飼育は都合により出来ないので、メタハラ照射での飼育下で甲羅の形成がどうなるか?実践していきたいと思います。
ってメタハラはRexシリーズを検討中(RexUV20が良いかサンライト70UVが良いか?=浮島の一部分のみスポット照射が良いのか?水槽の半分へ照射が良いのか?思案中)
※W180水槽用のメタハラ設置用のアングルも探してますが・・・


2008年9月~10月から飼育しているカメたち
①パーケリーナガクビガメ 2008CB国内ブリード個体
カメラの性能の関係でカメの色がまちまちに見えますが、一番最後の写真が本物に近い色合いです!
f0195563_14153771.jpg
f0195563_14154821.jpg
f0195563_14155871.jpg
f0195563_14282130.jpg
f0195563_14283963.jpg


飼育環境
テトラ60センチ標準規格水槽(60×30×45)
外部ろ過 テトラユーロ120
ライト Rex UV ONE
熱帯魚との混泳
f0195563_1418638.jpg
水深を今日より20センチ強にしてみました。(溺れないでね)

②キタクロコブチズガメ 2008CB国内ブリード個体
f0195563_14192759.jpg
f0195563_14193923.jpg

本日現在、我が家で一番小さな個体
テラピンたちもマッコも2007CBの連中はみんなこのチズガメと同じか、小さいくらいでやってきました。
2007CBの連中は成長が早い?エサやりすぎ?カメの成長ってこんな感じなんでしょうか?


③カロリナダイヤモンドバックテラピン 2006CB?
f0195563_14221348.jpg
f0195563_14222360.jpg

この個体は2007CBのカロリナコンセントリックとのペアにするべく繁殖を視野にいれた比較個体
他のテラピンの食べる配合を喰わないんで、思案のしどころです。(乾燥エビしか食いません)


カメ飼育2年目突入で今後の飼育条件の考察の繰り返し、鑑賞主体の飼育環境や飼育レイアウトに挑戦です。
f0195563_19365973.jpg
現在は180×60×60水槽で熱帯魚(グラミー2亜種、スマトラ)9匹とテラピン(3亜種)5匹、チズガメ1匹の混泳水槽です。
上部ろ過にはリングろ材30リットル+サンゴ粒1リットル
水質は中性~弱アルカリ性 Ph7~8程度(テトラ試験液にて水替え時に測定)
バクテリアはBioMax目分量で適当に投入(多分5~8グラム)
エサは一日に2回(これからは週3回程度に減らす予定)
与えている配合飼料は日替わりで、テトラレプトミン、テトラレプトミンスーパー、ひかりタートルフード、鯉エサの咲ヒカリLMサイズ、ひかりクレストキャット、エーハイムリッチスティック、乾燥エビ各種、冷凍スジエビ、手に入れば活きエビ(一番高価)、セララフィーシリーズ・・・喰いがいいのはやはり、エビのエサ!
※バクテリアの投入による効果はニオイの減少や抑制には効果あります。水は配合の種類や冷凍エサの量により汚れの頻度が異なるんで何とも言えません・・・生餌中心のマッコの場合は透明度や水質の持続は長いです。
ここからの変化をどう付ける?課題ですね





熱帯魚飼育ゾーン(カブトニオイガメ同居スペース)にて

f0195563_19292627.jpg
f0195563_19294064.jpg

ニオイガメの破壊行為により、水草レイアウトは諦め、魚の住み易い環境を優先・・・
アカヒレを中心にマッコードの生餌用の川魚と雑多に飼育してます。

カメとの同居でもしっかり繁殖する熱帯魚・・・
週一ペースでの水換えにより、かなりの稚魚は排水されていたでしょう(汗)
水換え時に気付いた針子はマメに別プラケに移動していましたが、、、、
現時点では20匹→4~5匹
f0195563_19351424.jpg
写りは悪いんですが、自家繁殖2種類目のアカヒレです。
なんとか、育っている、、、模様・・・
[PR]

by sawano_ichirou | 2008-11-30 14:32 | ダイヤモンドバックテラピン


<< 水槽の水換え      ネオンテトラが環境に変化をつける? >>